このページの本文へ移動

ここから本文

トピックパス
トップページ > 組織から探す > 都市計画課 > 街路・長府綾羅木線ほか1線

平成29年 (2017年) 4月 1日

都市計画課

都市計画道路 長府綾羅木線ちょうふあやらぎせんほか1線


 長府綾羅木線は、下関市街地の東西軸を形成する重要な路線であり、国道2号の長府地区を起点に、新下関駅を経由し、国道191号に至る幹線道路です。


<事業概要>

整備延長  1.3km

標準幅員  25.0m

車線数   4車線、両側歩道


<整備の目的>

■安全で快適な歩行空間の確保

幅広な歩道を整備することで、安全で快適な歩行空間の確保を図ります。

■交通渋滞の緩和

本路線の整備により、並行する一般県道安岡港長府線等の交通渋滞緩和を図ります。

■地域の活性化

本路線の整備により、沿線での都市的土地利用の促進を図ります。

■広域ネットワークの形成

国道2号と国道191号を連絡する交通ネットワークを強化することで、物流の円滑化を図ります。


<整備の効果>

■整備効果については、事業完了後に公表いたします。


<事業経緯>

○都市計画決定

当初:昭和21年7月22日

変更:平成28年1月 5日

○事業認可期間

平成27年度~平成35年度



【位置関係図】

お問い合わせ先

都市計画課



お問い合わせ先

都市計画課

閉じる