このページの本文へ移動

ここから本文

トピックパス
トップページ > 組織から探す > 砂防課 > 土石流災害対策検討委員会・土石流対策検討委員会について

平成26年 (2014年) 8月 22日

砂防課

土石流災害対策検討委員会について

平成21年7月21日の豪雨では、山口県がかつて経験したことのない規模の土石流災害等が発生し、県内全体では17名もの方が亡くなられるなど、深刻な被害となりました。

土石流災害は、大きな破壊力で一気に襲ってくる危険な災害ですが、発生ぎりぎりまで、住民の方々がその危険性に気付きにくく、見えづらいという特徴があります。そのため、特に、警戒避難体制の確立が重要となります。

このことから、山口県防災会議(会長:知事)の下に設置した土石流災害対策検討委員会では、平成21年10月19日から12月22日までの間に3回の委員会を開催し、特に、早期避難支援対策を主要課題と位置づけ、①土石流発生の原因究明、②土石流災害対策、③土砂災害警戒区域の調査・指定のあり方について、分析、検討を行った上で、これらから得られた知見や教訓を踏まえ、④早期避難支援対策について取りまとめ、これらを平成22年1月15日に開催された災害対策検討委員会(4委員会)へ報告しました。


○「土石流災害対策検討委員会」委員名簿


会 長

古川 浩平(ふるかわ こうへい)

山口大学工学部教授

委 員




兵動 正幸(ひようどう まさゆき)

海堀 正博(かいぼり まさひろ)

小山内信智(おさないのぶとも)

田村 圭司(たむら けいじ)

山口大学工学部教授

広島大学総合科学部准教授

国土技術政策総合研究所砂防研究室長

土木研究所上席研究員



○討議経緯

・第1回委員会 平成21年10月19日

(討議内容等)

・土石流災害の概要

・土石流災害発生原因


・第2回委員会 平成21年11月24日

(討議内容等)

・土石流災害発生原因

・土石流災害対策


・第3回委員会 平成21年12月22日

(討議内容等)

・土砂災害警戒区域の調査・指定のあり方

・早期避難支援対策



土石流災害対策検討委員会報告書 (PDF : 7MB)

資料1 土石流災害発生原因 (PDF : 5MB)

資料2 土石流災害発生状況 (PDF : 5MB)

資料3 土石流災害対策 (PDF : 8MB)

資料4 土砂災害警戒区域の調査・指定のあり方 (PDF : 2MB)



お問い合わせ先

土木建築部

閉じる