このページの本文へ移動

ここから本文

トピックパス
トップページ > 組織から探す > 河川課 > 山口県のダム > ダム・木屋川ダム再開発

平成29年 (2017年) 2月 20日

河川課

木屋川こやがわダム(再開発)

治水機能の向上と河川環境保全のため、既設の木屋川ダムを10m嵩上げし、総貯水容量を増やします。


木屋川ダム完成予想図

木屋川ダム完成予想図

1.諸元

水系・河川名

木屋川水系木屋川

位置

山口県下関市豊田町大字大河内

目的

洪水調節(治水安全度向上・予備放流解消)、流水の正常な機能の維持

 

湛水面積

約2.34km2(1.61km2)

集水面積

84.1km2

型式

重力式コンクリートダム

堤高

約51.0m(41.0m)

堤頂長

約220.0m(174.3m)

堤体積

約150,000m3(84,500m3)

総貯水容量

約37,820,000m3(21,750,000m3)

有効貯水容量

約37,300,000m3(21,080,000m3)

洪水調節容量

約17,500,000m3(9,000,000m3)

利水容量

約19,800,000m3(19,440,000m3)

堆砂容量

約520,000m3(670,000m3)


※括弧内は現在の木屋川ダム諸元です。

2.ダムの効果


洪水調節効果


ダム地点の計画高水流量620m3/sのうち、450m3/sの洪水調節を行い、木屋川沿川地域の水害を防除します。


旧菊川町(船津橋下流)堤防決壊箇所 昭和34年7月14日洪水

旧菊川町船津橋下流堤防決壊箇所 昭和34年7月14日洪水


下関市大字吉田(貞恒川合流点)付近 昭和39年6月25~28日洪水

下関市大字吉田(貞恒川合流点)付近 昭和39年6月25~28日洪水


旧豊田町矢田 平成11年6月29日洪水

旧豊田町矢田 平成11年6月29日洪水


河川環境の保全

ダム地点下流沿川の既得用水の確保や、木屋川にみられる動植物の生息・生育環境の保全に必要な流量の確保ができるように、ダムから安定した流水を補給します。


平成6年の渇水状況(旧豊田町西市)

平成6年の渇水状況(旧豊田町西市)


平成14年の渇水状況(豊田湖)

平成14年の渇水状況(豊田湖)


また、選択取水設備の設置等により、水質の改善に努めます。

このページについてのお問い合せ先

〒753-8501

山口県山口市滝町1番1号(山口県庁12階)

山口県河川課ダム班

TEL 083-933-3790

FAX 083-933-3809

E-mail a18600@pref.yamaguchi.lg.jp



お問い合わせ先

土木建築部

閉じる