このページの本文へ移動

ここから本文

トピックパス
トップページ > 組織から探す > 河川課 > 山口県の川ビジョン・川づくり(平瀬ダムの建設)

平成23年 (2011年) 2月 18日

河川課

豊かで清らかな流れの川づくり 平瀬ダムの建設


 源流域の森林の開発や流域の市街化が進むことは流域の保水機能や浄化機能を低下させ、川の水量や水質に影響を与えます。また、近年の生活様式の変化や上水道の源水が表流水に転換され、水需要は増加傾向にあります。

 玖珂郡錦町に建設中の平瀬ダムでは洪水時に流水を一時的に貯水し、下流の水位を下げることにより、治水 安全度の向上を図り、ダム下流沿川に暮らす人々の生命と財産を守ります。さらに、地域住民の生活の向上、産業の発展に不可欠な水資源の安定的供給や平常時の川の水量を確保し、河川環境の保全を図ります。

既得用水の安定化と水道用水の補給

平瀬ダムは下流の既得用水の補給の他に、新たに錦町の簡易水道用水として水を補給します。

suido

河川環境の保全

 錦川には魚類をはじめ数多くの生き物が生息しています。平瀬ダムは錦川の多様な生態系や良好な水質を保全するために、ダム下流に一定の水量を補給します。

 また、鮎釣りや鵜飼いに象徴される清流を活かした河川の利用や子供達の川遊びに際して、必要な水量が確保されます。

ukai

nisiki3

鵜飼い/岩国市

カヌーでの川下り/岩国市美川町

hirose

末広橋のたもとで遊ぶ広瀬小学校児童のみなさん/岩国市錦町



お問い合わせ先

土木建築部

閉じる