このページの本文へ移動

ここから本文

トピックパス
トップページ > くらし・環境 > 住宅施策 > 調査報告書・統計データ・住生活総合調査

平成30年 (2018年) 12月 3日

住宅課

平成30年住生活総合調査にご協力をお願いします。



 居住者の現在の住まいに対する満足度、今後の住まい方の意向などを把握するため、12月1日に、全国で「平成30年住生活総合調査」が行われます。

 また、山口県では、県内の実態をより詳細に把握するため、調査世帯を追加し、国の調査と同じ内容についておうかがいする「住生活総合調査拡大調査」を実施します。

 ご自宅に調査票がポスティングされた場合には、調査にご協力をお願いします。


1 調査の目的


住生活総合調査は、住生活基本法に基づく住生活の安定・向上に係る総合的な施策を推進する上で必要となる基礎資料を得るために、居住環境を含めた住生活全般に関する実態や居住者の意向・満足度等を総合的に調査するものです。


2 調査の対象


「住生活総合調査」は、10月1日に実施した「住宅・土地統計調査」に回答された世帯の一部に対して、実施されます。

山口県では無作為抽出した約4,700世帯に調査をお願いいたします。


3 調査項目


〇現在の住宅と、住宅まわりの環境の評価について

〇現在のお住まい、以前のお住まいについて

〇今後のお住まい方について


4 調査の体制


国土交通省及び山口県が民間の調査会社に業務を委託し実施します。

(調査委託先)

ランドブレイン株式会社

※調査票の返送先は、調査事務局が置かれる、別の会社名が記載されています。

(国土交通省調査)兵庫ナカバヤシ株式会社 関宮工場(内)平成30年住生活総合調査事務局

(山口県拡大調査)株式会社サンワ 千代田ビル4階 平成30年住生活総合調査拡大調査事務局



5 調査結果の利用


調査の結果は、国、県等が住生活の安定・向上に係る総合的な施策を推進する上での基礎資料として利用されるとともに、広く一般の利用に供されます。


6 「かたり調査」にご注意ください


かたり調査にご注意ください!(国土交通省HP)


 住生活総合調査をよそおった不審な訪問者や、不審な電話・電子メール・不審なウェブサイトなどにご注意ください。

不審に思った際には、回答せずに、速やかにお問い合わせ先までお知らせください。

 住生活総合調査、住生活総合調査拡大調査では、金銭を要求することはありません。

また、銀行口座の暗証番号やクレジットカード番号をお聞きすることもありません。

 調査票を配布する者は、その身分を証明する「調査員証」を携帯しています。




7 リンク


住生活総合調査について(国土交通省HP)

住宅・土地統計調査について(山口県統計分析課HP)

平成25年住生活総合調査結果報告(山口県住宅課HP)

お問い合わせ先

住宅課住宅企画班



お問い合わせ先

住宅課住宅企画班

閉じる