このページの本文へ移動

ここから本文

トピックパス
トップページ > 組織から探す > 住宅課 > 三世代同居・近居について・【フラット35】子育て支援型及びやまぐち三世代同居・近居住宅支援事業に係る相互協力について

平成30年 (2018年) 1月 30日

住宅課

【フラット35】子育て支援型との連携について


三世代ロゴ

★山口県では、「世代間の支え合いによる子育てしやすい環境づくり」として、新たに三世代での同居や近居を始めるために住宅の新築、購入等を行う方に対して助成を行う「やまぐち三世代同居・近居住宅支援事業補助金」制度を設ています。


★この度、子育て支援策の充実を図るため、山口県と独立行政法人住宅金融支援機構との間で、県の「やまぐち三世代同居・近居住宅支援事業補助金」制度と住宅金融支援機構の「[フラット35]子育て支援型」制度に係る連携協定を締結しました。

◇「やまぐち三世代同居・近居住宅支援事業補助金」についてはこちら!

◆【フラット35】についてはこちら♪


★連携の内容は、次のとおりです。


1 連携の目的


「ニッポン一億総活躍プラン」、「まち・ひと・しごと創生基本方針2016」における地方創生等の推進に向け、「子育て支援」の施策を実施している地方公共団体と住宅金融支援機構が連携し、地方公共団体による財政支援とあわせて、【フラット35】の金利を引き下げることにより、子育て支援の推進を図る。


2 連携の内容

連携の内容

3 連携の効果


やまぐち三世代同居・近居住宅支援事業補助金の利用者(上記の表の「イ 中古住宅購入」又は「ウ 住宅の新築等」の利用者)が住宅の取得に際して【フラット35】を利用する場合に、その金利を0.25%(当初5年間)引下げ


※【フラット35】の金利引下げのみの利用は出来ません。

 (やまぐち三世代同居・近居住宅支援事業補助金の利用が前提となります。)。

※平成29年度のやまぐち三世代同居・近居住宅支援事業補助金の受付は、平成29年10月31日に終了しました。


4 連携の開始年月日


平成29年5月25日(木曜日)


5 手続きの流れ


【フラット35】子育て支援型の利用に際しては、

  ⇒ 県に『【フラット35】子育て支援型利用申請書』を提出し、

   ⇒ 県から『【フラット35】子育て支援型利用対象証明書』の交付を受けた後に、

    ⇒ 当該証明書を借入れ契約前に金融機関に提出する必要があります。


(1) 申請方法

  『【フラット35】子育て支援型利用申請書』に必要事項を記入の上、持参又は郵送により山口県土木建築部住宅課まで提出

  してください。

   ※申請様式などの具体的な内容は、やまぐち三世代同居・近居住宅支援事業補助金のページに掲載しています。


(2) 申請先(問合せ先)

  〒753-8501 山口市滝町1-1  山口県土木建築部住宅課住宅企画班

  電話:083-933-3874  FAX:083-933-3899


《手続きの流れ(イメージ図)》

手続きの流れ

お問い合わせ先

住宅課住宅企画班



お問い合わせ先

住宅課住宅企画班

閉じる