このページの本文へ移動

ここから本文

トピックパス
トップページ > 組織から探す > 文化振興課 > 山口の文学者たち・ふるさとの文学者80人 > 山口の文学者たち・青木健作

平成26年 (2014年) 8月 6日

文化振興課

「やまぐちの文学者たち」80人/青木健作

青木健作(あおきけんさく) (1883~1964) 小説 周南市


【主な著作】

『お絹 虻』(現代文芸叢書、春陽堂、大正2年)

『青木健作短編集』(春陽堂、昭和3年)

『明治文学全集』第75(筑摩書房、昭和43年)


青木健作肖像


青木健作肖像

 青木健作(本名、井本健作)。健作は在郷時代から文学に深い関心を持っていたが、実際には東京大学を卒業し、「真実なる人生と文芸の対境」という彼の文学宣言ともいえる文章を発表した時点に始まる。それは当時の〈疲れた〉暗い“都会者”的文学に対し、〈疲れない〉誠実な“田舎者”的文学を提唱したものである。以後、鈴木三重吉・夏目漱石らに出会い、「虻」「お絹」等の山口県を舞台にした作品を発表。その独自な作風を確立していった。(桑原伸一)

青木健作関連写真

永源山公園(周南市)に建つ文学碑

『お絹』

永源山公園(周南市)に建つ文学碑

『お絹』



 リンク


山口県立図書館(ふるさとの文学者13人の紹介ページ)



お問い合わせ先

環境生活部

閉じる