このページの本文へ移動

ここから本文

トピックパス
トップページ > 組織から探す > 文化振興課 > 山口の文学者たち・ふるさとの文学者80人 > 山口の文学者たち・江良碧松

平成26年 (2014年) 8月 8日

文化振興課

「やまぐちの文学者たち」80人/江良碧松

江良碧松 (えらへきしょう) (1888~1977) 俳句 田布施町


【主な著作】

句集『松吹く風』(田布施町、昭和49年)


江良碧松肖像


江良碧松肖像

 江良碧松(本名、松蔵)は、自由律俳誌『層雲』の草創期にデビューした自由律俳人で、種田山頭火、久保白船とともに、層雲の周防三羽ガラスとして並び称された。郷里から離れず、農業にいそしみながら、平凡な日常の中で育まれた詩情を香り高い句として結実させたその生きざまは、旅から旅へと放浪した山頭火とは対照的である。大正末期から戦時中へかけて筆を折った時期もあったが、戦後再び復活し、円熟した句風を確立した。(久光良一)

江良碧松関連写真

日記(昭和44年周南市)

句碑(田布施町)「月はまろし水の中にてもまろし 碧松」

日記(昭和44年周南市)

句碑(田布施町) 「月はまろし水の中にてもまろし 碧松」



お問い合わせ先

環境生活部

閉じる