このページの本文へ移動

ここから本文

トピックパス
トップページ > 組織から探す > 文化振興課 > 山口の文学者たち・ふるさとの文学者80人 > 山口の文学者たち・福田蓼汀

平成26年 (2014年) 8月 8日

文化振興課

「やまぐちの文学者たち」80人/福田蓼汀

福田蓼汀 (ふくだりょうてい) (1905~1988) 俳句 萩市


【主な著作】

句集『山火』(かに書房、昭和23年)

句集『秋風挽歌』(角川書店、昭和45年)

『福田蓼汀全句集』(牧羊社、昭和59年)


福田蓼汀肖像


福田蓼汀肖像

 福田蓼汀(本名、幹雄)は萩市出身の福田彦助陸軍中将の長男として生まれた。東北帝国大学在学中に小宮豊隆教授の紹介状により『ホトトギス』の高浜虚子門に加わる。とくに同世代の中村草田男、松本たかしらと親交を結び、みずからも『山火』を主宰した。写生を尊重しつつも山岳俳句に独自の句境をひらく。と同時に昭和45年次男善明の奥黒部遭難により、涙の絶唱「秋風挽歌」三十句により第四回蛇笏賞を受賞した。だが重なる探索行にも遺体はついに発見できなかった。

 一方、俳人協会設立に参画し、長年幹事・理事を務め、没時には副会長の要職にあった。(岡田日郎)

福田蓼汀関連写真

直筆色紙「福寿草家族のごとくかたまれり 蓼汀」

『山火』創刊号(昭和23年)

直筆色紙 「福寿草家族のごとくかたまれり 蓼汀」

『山火』創刊号(昭和23年)



お問い合わせ先

環境生活部

閉じる