このページの本文へ移動

ここから本文

トピックパス
トップページ > 組織から探す > 文化振興課 > 山口の文学者たち・ふるさとの文学者80人 > 山口の文学者たち・福冨忠雄

平成26年 (2014年) 8月 8日

文化振興課

「やまぐちの文学者たち」80人/福冨忠雄

福冨忠雄 (ふくとみただお) (1910~1984) 詩 下関市


【主な著作】

詩集『青蟹』詩集『故郷の絵』(こだま詩社、昭和30年)

詩集『石庭のうた・秋のいろ』(共著、詩帖社、昭和34年)


福冨忠雄肖像


福冨忠雄肖像

 福冨忠雄は、下関市豊浦町に生まれる。県立豊浦中学校を、病気で中退し、療養のかたわら文筆活動を行い、中央・地方を問わず多くの文芸誌に寄稿・投稿する。昭和初年、プロレタリア詩やシュールレアリスムのもてはやされた時代に、俳句的な自然観賞と郷土の風物に焦点を絞った高踏的な詩を作った。昭和13年には、詩友長谷執持と共同編集で本県最初の『山口県詩選』を刊行。温厚篤実な人柄は誰からも敬愛された。(和田 健)

福冨忠雄関連写真

直筆の詩

詩集『故郷の絵』

直筆の詩

詩集『故郷の絵』



お問い合わせ先

環境生活部

閉じる