このページの本文へ移動

ここから本文

トピックパス
トップページ > 組織から探す > 文化振興課 > 山口の文学者たち・ふるさとの文学者80人 > 山口の文学者たち・橋本武子

平成26年 (2014年) 8月 8日

文化振興課

「やまぐちの文学者たち」80人/橋本武子

橋本武子 (はしもとたけこ) (1913~1992) 短歌 周防大島町


【主な著作】

歌集『黒髪抄』(臼井書房、昭和24年)

歌集『黒衣』(新星書房、昭和32年)

歌集『ゆく水』(短歌新聞社、昭和47年)


橋本武子肖像


橋本武子肖像

 橋本武子は現・周防大島町に塩田主の長女として生まれる。久賀高等女学校時代より独学で短歌を詠み始め25歳の時短歌人会を主宰する齋藤瀏に師事し第1回齋藤瀏賞を受賞している。また、昭和21年には「青潮短歌会」を設立、同時に主宰となり歌誌「青潮」を創刊した。著書に歌集『黒衣』『ゆく水』『水辺唱』ほかがある。その他岩国市と周防大島町に歌碑がある。(音羽 晃)

  *まもられてあるを信ぜむ夜半に聞くしぐれの声のさみしかるとも

  *水草の花には触れず幽かなるひかりとなりて螢ただよふ

橋本武子関連写真

歌碑(岩国市洞泉寺)「まもられてあると信せむ夜半にきくしぐれの音のさみしかるとも」

歌碑(周防大島町龍心寺)「水草の花にはふれずかすかなるひかりとなりて蛍ただよふ 武子」

歌碑(岩国市洞泉寺)「まもられてあると信せむ夜半にきくしぐれの音のさみしかるとも」

歌碑(周防大島町龍心寺)「水草の花にはふれずかすかなるひかりとなりて蛍ただよふ 武子」



お問い合わせ先

環境生活部

閉じる