このページの本文へ移動

ここから本文

トピックパス
トップページ > 組織から探す > 文化振興課 > 山口の文学者たち・ふるさとの文学者80人 > 山口の文学者たち・林芙美子

平成26年 (2014年) 8月 8日

文化振興課

「やまぐちの文学者たち」80人/林芙美子

林芙美子 (はやしふみこ) (1903~1951) 小説 下関市


【主な著作】

『放浪記』(改造社、昭和5年)

『晩菊』(河出書房、昭和26年)

『林芙美子全集』全16巻(文泉堂出版、昭和52年)


林芙美子肖像(提供:新宿歴史博物館)


林芙美子肖像(提供:新宿歴史博物館)

 林芙美子(本名、フミコ)は、関門の地に生まれ、行商の養父・母に伴われて流れ歩く不幸な幼少時代を過ごした。成人して上京した後も、女中、売り子、女給、そして男達と人生遍歴を体験。そうした中から身につけた強靱な生命力と庶民性によって、出世作「放浪記」にみられる明るさと詩情をたたえた独自な文学世界を創出。戦時中は報道班員として意欲的に活動、戦後も旺盛に執筆を続け、林文学の集大成と称される「浮雲」を完成の後、新境地「めし」の連載半ばにして急逝。ひたむきに生きた47年余りの生涯であった。(清永唯夫)

林芙美子関連写真

実父宮田麻太郎と芙美子

文学碑(下関市立名池小学校前)

実父宮田麻太郎と芙美子

文学碑(下関市立名池小学校前)



 リンク


山口県立図書館(ふるさとの文学者13人の紹介ページ)



お問い合わせ先

環境生活部

閉じる