このページの本文へ移動

ここから本文

トピックパス
トップページ > 組織から探す > 文化振興課 > 山口の文学者たち・ふるさとの文学者80人 > 山口の文学者たち・生田蝶介

平成26年 (2014年) 8月 8日

文化振興課

「やまぐちの文学者たち」80人/生田蝶介

生田蝶介(いくたちょうすけ) (1889~1976) 短歌 下関市


【主な著作】

歌集『渦潮』(博文館、大正11年)

『聖火燃ゆ』(福永書店、昭和3年)

『生田蝶介全歌集』(短歌新聞社、平成2年)


生田蝶介肖像


生田蝶介肖像

 生田蝶介は下関市長府に生まれた。13歳で京都に出て叔父の養子となり、早稲田大学英文科に入学。明治42年に博文社に入社し、編集者として『講談雑誌』を出版し、雑誌に初めて短歌欄を設けた。大正13年、短歌誌『吾妹』を創刊し、歌人として大正・昭和期の歌壇に大きい業績を残す。また、後進の育成にも人一倍情熱をささげた。彼の短歌創作の心得を記した「吾妹歌憲」は脈々と受け継がれている。また、短歌以外にも、小説、詩、評論と、幅広い文学活動を続けた人でもある。(野村忠司)

生田蝶介関連写真

歌碑(下関市長府)「ふるさとの赤松山のおもひでの松の匂ひをしのぶ秋の日」

直筆色紙

歌碑(下関市長府)「ふるさとの赤松山のおもひでの松の匂ひをしのぶ秋の日」

 

 

直筆色紙



お問い合わせ先

環境生活部

閉じる