このページの本文へ移動

ここから本文

トピックパス
トップページ > 組織から探す > 文化振興課 > 山口の文学者たち・ふるさとの文学者80人 > 山口の文学者たち・今田久

平成26年 (2014年) 8月 8日

文化振興課

「やまぐちの文学者たち」80人/今田 久

今田 久 (いまだひさし) (1908~1968) 詩 下関市


【主な著作】

詩集『喜劇役者』(20世紀刊行所、昭和14年)


今田久肖像


今田久肖像

 今田久は、昭和初期日本の前衛芸術運動の中核思想となった「シュルレアリスム」及び「モダニズム」に傾倒し、生涯の詩精神の基礎が形成された。その作品は、前衛的詩人たちの活躍の場となった詩誌『二十世紀』『新領土』などに発表し、注目された。

 戦後は、下関を中心に「現代詩研究会」「主題の会」など、詩研究の会において指導的役割を担った。また、復刊した『新領土』や九州の詩誌『火』などの同人として、社会的諷刺に富む作品を発表した。(米田一二三)

今田久関連写真

直筆

『新領土』(復刻第1号)

直筆

『新領土』(復刻第1号)



お問い合わせ先

環境生活部

閉じる