このページの本文へ移動

ここから本文

トピックパス
トップページ > 組織から探す > 文化振興課 > 山口の文学者たち・ふるさとの文学者80人 > 山口の文学者たち・井上剣花坊

平成26年 (2014年) 8月 8日

文化振興課

「やまぐちの文学者たち」80人/井上剣花坊

井上剣花坊 (いのうえけんかぼう) (1870~1934) 川柳 萩市


【主な著作】

『新川柳六千句』(南北社、大正6年)

『川柳を作る人に』(南北社、大正8年)

『井上剣花坊句集』(叢文社、昭和10年)


井上剣花坊肖像


井上剣花坊肖像

 井上剣花坊(本名、井上幸一)萩出身の川柳作家。上京して日本新聞社に入り編集長の古島一雄に見出され、そのすすめもあり川柳の革新を志す。時あたかも正岡子規らにより俳句・短歌が新時代を迎えようとしていた。彼は柳樽寺和尚剣花坊と号し、新川柳を提唱、明治・大正・昭和にかけ活躍した。門人に大衆作家の吉川英治もいる。晩年は王道主義的プロレタリア川柳を掲げた。(和田 健)

井上剣花坊関連写真

生誕地(萩市江向)句碑「何よりも母の乳房は甘かりし 剣花坊」

句碑(萩博物館)「巣立ちしたあとははじめの二羽になり 剣花坊」

生誕地(萩市江向)句碑「何よりも母の乳房は甘かりし 剣花坊」

句碑(萩博物館)「巣立ちしたあとははじめの二羽になり 剣花坊」



 リンク


山口県立図書館(ふるさとの文学者13人の紹介ページ)



お問い合わせ先

環境生活部

閉じる