このページの本文へ移動

ここから本文

トピックパス
トップページ > 組織から探す > 文化振興課 > 山口の文学者たち・ふるさとの文学者80人 > 山口の文学者たち・伊藤正一

平成26年 (2014年) 8月 8日

文化振興課

「やまぐちの文学者たち」80人/伊藤正一

伊藤正一 (いとうしょういち) (1920~1989) 小説 岩国市


【主な著作】

『蛇足の人生』(白藤書店、昭和44年)

『錦帯橋物語』(四季出版、平成元年)

『ほいとう』(叢文社、平成4年)


伊藤正一肖像(提供:伊藤百合子)


伊藤正一肖像(提供:伊藤百合子)

 伊藤正一は、文学の創作は行政と同じだとして両面で活躍した。文芸活動を展開する一方、郷土の文学振興に力を注ぎ、「創作教室」を主宰した。

 昭和42年、岩国市助役に就任したが、行政活動の中でも力を発揮。「絵画は色で、音楽は音で人生を再現するように、文学は文字で表現する芸術である」は口癖であった。

 言葉の繊細さを大切にする作家であり、俳句もよくした。(稲生 慧)

伊藤正一関連写真

文学碑(岩国市錦帯橋畔)

河上徹太郎氏と自宅にて(提供:伊藤百合子)

文学碑(岩国市錦帯橋畔)

河上徹太郎氏と自宅にて(提供:伊藤百合子)



お問い合わせ先

環境生活部

閉じる