このページの本文へ移動

ここから本文

トピックパス
トップページ > 組織から探す > 文化振興課 > やまぐちの文学者たち・ふるさとの文学者80人 > 山口の文学者たち・岩川隆

平成26年 (2014年) 8月 8日

文化振興課

「やまぐちの文学者たち」80人/岩川隆

岩川隆 (いわかわたかし) (1933~2001) ノンフィクション・小説  岩国市・周南市・防府市


【主な著作】

小説『海峡』(文藝春秋、昭和57年)

評伝『どうしやうもない私―わが山頭火伝』(講談社、平成元年)

ノンフィクション『孤島の土となるとも―BC級戦犯裁判』(講談社、平成7年)


岩川隆


岩川隆

 岩川隆は、昭和八年、現在の岩国市に生まれた。旧制防府中学・防府高校・広島大学を出て上京、梶山季之のトップ屋集団「梶山師団」に所属した。雑誌記者として活躍後、本格的に作家活動を開始。ルポルタージュを得意とし、政治・経済・社会物からスポーツ物まで幅広く執筆した。BC級戦犯裁判の問題にはとりわけ関心が深く、ライフワークとなる。ノンフィクション・評伝・小説などを数多く著し、歴史の行間に埋もれていく人々の真実を、旺盛な好奇心と徹底した取材で浮き上がらせた個性派作家。「岩川の歩いたあとには草一本生えていない」と言われ、地を這うような精力的な取材をもとに執筆を続けた。            (森川信夫)

岩川隆関連写真

戸田駅

著書

岩川隆が昭和20年4月から26年3月までの            著書

6年間、防府へ通うために乗降した戸田駅




 リンク


山口県立図書館(ふるさとの文学者13人の紹介ページ)



お問い合わせ先

環境生活部

閉じる