このページの本文へ移動

ここから本文

トピックパス
トップページ > 組織から探す > 文化振興課 > 山口の文学者たち・ふるさとの文学者80人 > 山口の文学者たち・岩松文彌

平成26年 (2014年) 8月 8日

文化振興課

「やまぐちの文学者たち」80人/岩松文彌

岩松文彌 (いわまつぶんや) (1898~1954) 短歌 宇部市


【主な著作】

歌集『岩松文彌作品集』(岩松文彌先生歌碑建設委員会、昭和31年)

歌集『岩松文弥歌集』(岩松文弥先生歌集刊行会、昭和38年)


岩松文彌肖像


岩松文彌肖像

 生家のあった山形県の金井村には、最上川の支流須川が流れている。対岸には斎藤茂吉の生家の土塀が見えていたという。岩松文彌は山形師範学校、國學院大學高等師範科を卒業し、教育の道を歩くが、和歌への憧れが常にあったと思われる。歌誌『アララギ』に投稿し、釈超空に師事する。山口県へは昭和12年、山口県立長府高等女学校に赴任し、亡くなるまで宇部市内で教育に携わった。彼の教育理念の中には、郷里の川、須川の流れのように短歌的抒情が流れていた。また、歌のモチーフには、すべて教育現場を通した現実直視の姿勢が伺える。(大野光生)

岩松文彌関連写真

歌碑(宇部市真締川畔)「朝かげのみなぎる空に縞なして大き煙突のけむりは並ぶ」

歌誌『あらつら』岩松文彌追悼号

歌碑(宇部市真締川畔)「朝かげのみなぎる空に縞なして大き煙突のけむりは並ぶ」

歌誌『あらつら』岩松文彌追悼号



お問い合わせ先

環境生活部

閉じる