このページの本文へ移動

ここから本文

トピックパス
トップページ > 組織から探す > 文化振興課 > 山口の文学者たち・ふるさとの文学者80人 > 山口の文学者たち・河上徹太郎

平成26年 (2014年) 8月 8日

文化振興課

「やまぐちの文学者たち」80人/河上徹太郎

河上徹太郎 (かわかみてつたろう) (1902~1980) 評論 岩国市


【主な著作】

『道徳と教養』(実業之日本社、昭和15年)

『日本のアウトサイダー』(中央公論社、昭和34年)

『吉田松陰 武と儒による人物像』(文芸春秋社、昭和43年)


河上徹太郎肖像(提供:岩国学校教育資料館)


河上徹太郎肖像(提供:岩国学校教育資料館)

 河上家は代々岩国の家老をつとめた名家。岩国の実家で暮らしたことはないが岩国をこよなく愛した。

 文学活動以前にスポーツと音楽に親しみ、その素地が批評活動の原形をつくった。中原中也、小林秀雄らと親交があり、ヴェルレーヌ、ヴァレリー等の著作に感銘、影響を受けた。ピアノや鉄砲などの多くの趣味を持ち、それらについても文章を残している。卓抜した評論活動を行い多くの著作を残した。評論の背景にカトリシズムの思想があったことは見逃せない。また、吉田松陰を扱った長編評論は有名。(稲生 慧)

河上徹太郎関連写真

顕彰碑(岩国市)

直筆色紙(岩国学校教育資料館蔵)

顕彰碑(岩国市)

直筆色紙(岩国学校教育資料館蔵)



リンク


山口県立図書館(ふるさとの文学者13人の紹介ページ)



お問い合わせ先

環境生活部

閉じる