このページの本文へ移動

ここから本文

トピックパス
トップページ > 組織から探す > 文化振興課 > 山口の文学者たち・ふるさとの文学者80人 > 山口の文学者たち・児玉花外

平成26年 (2014年) 8月 8日

文化振興課

「やまぐちの文学者たち」80人/児玉花外

児玉花外 (こだまかがい) (1874~1943) 詩 長門市


【主な著作】

『花外詩集』(金尾文淵堂、明治37年)

『東京印象記』(金尾文淵堂、明治44年)

『児玉花外詩集』(文松堂書店、昭和18年)


児玉花外肖像


児玉花外肖像

 本名、伝八。花外は“白雲なびく駿河台…”の明治大学校歌の作詞者として知られ、『社会主義詩集』が日本最初の文学作品の発禁で一躍有名になった。その彼が大正13年の春、ひょっこり父祖の地長門を訪れたので、知る者は驚いた。彼は墳墓のある板持に近い湯本温泉秋山六角堂に逗留。ここから萩・山口・下関・岩国など各地を遊歴し、“防長は赤い瓦に白い蔵…”等の即興詩を多く作り、防長新聞、関門日日新聞に発表した。(桑原伸一)

児玉花外関連写真

詩碑(長門市大寧寺)「青海島 嶋は数々 みな男島 骨はあるぞな侠骨が 日本海 どんと 怒濤が打ちよする 胸は度胸だ やって来い」

『バイロン詩集』(児玉花外:訳)

詩碑(長門市大寧寺)「青海島 嶋は数々 みな男島 骨はあるぞな侠骨が 日本海 どんと 怒濤が打ちよする 胸は度胸だ やって来い」

『バイロン詩集』(児玉花外:訳)



リンク


山口県立図書館(ふるさとの文学者13人の紹介ページ)



お問い合わせ先

環境生活部

閉じる