このページの本文へ移動

ここから本文

トピックパス
トップページ > 組織から探す > 文化振興課 > 山口の文学者たち・ふるさとの文学者80人 > 山口の文学者たち・久保白船

平成26年 (2014年) 8月 8日

文化振興課

「やまぐちの文学者たち」80人/久保白船

久保白船 (くぼはくせん) (1884~1941) 俳句 周南市・平生町


【主な著作】

句集『ふきのたう』(昭和16年)


久保白船肖像

久保白船肖像

 久保白船(本名、周一)は、平生町佐合島に生まれた。明治から大正に変わる頃、荻原井泉水の自由律俳句誌『層雲』の同人となり、やがて選者として活躍した。その生き方と作風は一致しており、家族を愛し友を尊敬し花鳥などの自然を愛でる、おだやかな平凡の中に、深い味わいのあるものが多かった。大正9年徳山(現在の周南市)の駅付近に移住すると、多くの文人が集まり、地方文化の中心的な存在となった。昭和15年、親友種田山頭火が急死すると、急いで四国に渡り、遺体を荼毘に付した。そして翌年白船も急逝している。(瀬川芳昭)

久保白船関連写真

大前誠二氏宛書簡

直筆色紙「遠くのはなしこゑも月夜のいねの葉 白船」

大前誠二氏宛書簡

直筆色紙「遠くのはなしこゑも月夜のいねの葉 白船」



お問い合わせ先

環境生活部

閉じる