このページの本文へ移動

ここから本文

トピックパス
トップページ > 組織から探す > 文化振興課 > やまぐちの文学者たち・ふるさとの文学者80人 > 山口の文学者たち・宮本顕治

平成26年 (2014年) 8月 8日

文化振興課

「やまぐちの文学者たち」80人/宮本顕治

宮本顕治 (みやもとけんじ) (1908~2007) 評論 光市


【主な著作】

『敗北の文学』(岩崎書店、昭和21年)

『宮本百合子の世界』(新日本出版、昭和55年)

『宮本顕治文芸評論選集』全4巻(新日本出版、昭和41~55年)


宮本顕治肖像

宮本顕治(提供:毎日新聞社)

 光市出身の宮本顕治は、東京帝国大学経済学部在学中、雑誌『改造』の懸賞文芸評論に応募し、芥川龍之介論「「敗北」の文学」で第一席となって文壇に登場した。以後宮本は、昭和六年共産党に入党し、同七年に中条(宮本)百合子と結婚するも、日本プロレタリア文化連盟弾圧をのがれ、小林多喜二とともに地下生活に入る。昭和八年に検挙され、太平洋戦争終結まで十二年間獄中生活を送る。戦後は共産党中央委員として書記長、委員長を務めながら『宮本顕治文芸評論選集』等を刊行し、かつてのプロレタリア文学時代の機械的、観念的な論評を批判した。(福田礼輔)

宮本顕治関連写真

虹ケ浜海岸

雑誌『改造』

宮本顕治が幼い頃遊んだ虹ケ浜海岸(光市)

論文「「敗北」の文学」掲載の雑誌『改造』(1929年8月号)



 リンク


山口県立図書館(ふるさとの文学者13人の紹介ページ)



お問い合わせ先

環境生活部

閉じる