このページの本文へ移動

ここから本文

トピックパス
トップページ > 組織から探す > 文化振興課 > 山口の文学者たち・ふるさとの文学者80人 > 山口の文学者たち・諸井條次

平成26年 (2014年) 8月 8日

文化振興課

「やまぐちの文学者たち」80人/諸井條次

諸井條次 (もろいじょうじ) (1911~1994) 戯曲 萩市


【主な著作】

『諸井條次一幕物語』(劇生活社、昭和29年)

戯曲『冬の旅』(劇生活社、昭和28年)

『萩の乱と長州士族の維新』(同成社、平成11年)


諸井條次肖像


諸井條次肖像

 諸井條次は東京本郷の生まれで、経済界の重鎮、諸井一族の出である。開成中学校3年の時、結核で療養生活となり、その間に触れた新劇の舞台と一族の事業で働く底辺の人々への関心が彼の思想形成に大きな影響を与えた。終戦後、母方の叔父を頼って萩に定住し、演出家日笠慶尚氏と出会い、共に山口演劇研究所を設立。更に「劇団はぐるま座」を組織する。「千鳥太鼓」「野火」など数多く上演され、映画「千羽鶴」の脚本では全国の児童たちの共感を呼んだ。晩年は歴史書『萩の乱と長州士族の維新』に心血を注いだ。(野口英男)

諸井條次関連写真

執筆原稿や資料を整理したトランク(1個分)

「千羽鶴」脚本の裏に記された家族への直筆メッセージ

執筆原稿や資料を整理したトランク(1個分)

「千羽鶴」脚本の裏に記された家族への直筆メッセージ



お問い合わせ先

環境生活部

閉じる