このページの本文へ移動

ここから本文

トピックパス
トップページ > 組織から探す > 文化振興課 > 山口の文学者たち・ふるさとの文学者80人 > 山口の文学者たち・宗野真幌

平成26年 (2014年) 8月 8日

文化振興課

「やまぐちの文学者たち」80人/宗野真幌

宗野真幌 (むねのまほろ) (1915~1986) 詩 柳井市


【主な著作】

詩集『紫巾』(北方の詩社、昭和9年)

詩集『異本抄』(柳井市文芸協会、昭和31年)

詩集『SATURDAY譚』(こだま詩社、昭和47年)


宗野真幌肖像


宗野真幌肖像

 宗野真幌(本名、宗野徳尾)。ハワイにて出生。柳井市平群島に帰国、農業(主に煙草)に従事、島にて一生を過ごす。『山口県詩選』『こだま』『駱駝』等数々の詩誌に作品を発表。島に居て島を書かない不思議な詩人であった。

 平群島にあってもみんなから「徳兄(とくに)ぃ」と呼ばれ「煙草作り」の名人と言われ親しまれていた。

 詩作品においては実に「自由奔放」であり、「例え」のため難解さを持ち合わせているが、人柄は実に憎まれない性格であった。(たむらのぶゆき)

宗野真幌関連写真

詩集『SATURDAY譚』

詩集『異本抄』

詩集『SATURDAY譚』

詩集『異本抄』



お問い合わせ先

環境生活部

閉じる