このページの本文へ移動

ここから本文

トピックパス
トップページ > 組織から探す > 文化振興課 > 山口の文学者たち・ふるさとの文学者63人 > 山口の文学者たち・中本たか子

平成26年 (2014年) 8月 8日

文化振興課

「やまぐちの文学者たち」80人/中本たか子

中本たか子 (なかもとたかこ) (1903~1991) 小説 下関市


【主な著作】

『白衣作業』(六芸社、昭和13年)

『南部鉄瓶工』(新潮社、昭和13年)

『近代女性作家精選集』(ゆまに書房、平成11年)


中本たか子肖像


中本たか子肖像

 中本たか子(本名、タカ子)、結婚して蔵原姓。下関市豊北町角島の出身。日本海の怒濤を子守歌に育ち、不屈の闘志で生涯を生き抜く。最初、新感覚派の作家横光利一を頼ったが、所属する『女人芸術』の左傾とともに、プロレタリア作家として精力的に活躍。そして投獄の苦しみをなめる。戦後は民主主義文学を旗印に、基地問題や安保闘争、また被爆者援護に関係。現代史の断層を描く。(和田 健)

中本たか子関連写真

和田健氏宛書簡

中本たか子文学資料館(下関市豊北町)

和田健氏宛書簡

中本たか子文学資料館(下関市豊北町)



リンク


山口県立図書館(ふるさとの文学者13人の紹介ページ)



お問い合わせ先

環境生活部

閉じる