このページの本文へ移動

ここから本文

トピックパス
トップページ > 組織から探す > 文化振興課 > 山口の文学者たち・ふるさとの文学者80人 > 山口の文学者たち・西尾桃支

平成26年 (2014年) 8月 8日

文化振興課

「やまぐちの文学者たち」80人/西尾桃支

西尾桃支 (にしおとうし) (1895~1978) 俳句 下関市


【主な著作】

句集『子の血汐』(其桃追悼句集、昭和7年)

『暗水』(其桃発行所、昭和41年)

句集『西尾桃支全句集』(其桃発行所、昭和57年)


西尾桃支肖像


西尾桃支肖像

 西尾桃支(本名、栄治)は、現・明石市の生まれ。下関市の西尾家の養子となる。九州帝国大学医学部卒業、医業を継ぐ。父其桃が白浜で客死した為、昭和7年遺志を継ぎ、俳誌『其桃』創刊とともに主宰となる。門流の養成に熱心で伝道師的役割を果たした。下関市俳句協会の設立、山口県俳句作家協会を結成して、山口県の俳句文化の興隆に尽くした。平成17年で42回俳句大会となった。句集・文集は6冊に及び没後は『西尾桃支全句集』が刊行された。日和山公園に「鴎とぶ春の潮の秀にふれて」の句碑がある。『其桃』は西尾豊、中村石秋と継承されて平成14年70周年記念大会が催された。(中村石秋)

西尾桃支関連写真

句碑(下関市日和山公園)「鴎とぶ春の潮の秀にふれて」

其桃句碑の墨直し(下関市)

句碑(下関市日和山公園)「鴎とぶ春の潮の秀にふれて」

其桃句碑の墨直し(下関市)



お問い合わせ先

環境生活部

閉じる