このページの本文へ移動

ここから本文

トピックパス
トップページ > 組織から探す > 文化振興課 > 山口の文学者たち・ふるさとの文学者80人 > 山口の文学者たち・小川五郎

平成26年 (2014年) 8月 8日

文化振興課

「やまぐちの文学者たち」80人/小川五郎

小川五郎 (おがわごろう) (1902~1969) 短歌・評論 山口市


【主な著作】

『国木田独歩と山口』(昭和15年)

歌集『春蘭』(共著、昭和44年)

『防長文学史雑考』(昭和45年)


小川五郎肖像


小川五郎肖像

 小川五郎は、山口中学校に入学した頃から短歌を始め、防長新聞歌壇の常連となると共に、県内の短歌誌に参加。京都大学卒業後、母校山口高等学校教授として考古学、郷土史の研究を行うと共に、短歌を中心とした文芸活動を進める。昭和8年、県内の短歌仲間と相い計り、総合歌誌『水可美』を創刊。昭和初期の山口県下短歌活動のリーダーとして活躍した。昭和21年以降は県内の高等学校校長として教育に専念すると同時に、山口県短歌史の体系化、国木田独歩研究などに積極的に取り組んだ。(小川 信)

小川五郎関連写真

『水可美』同人吟行

自筆の短歌

『水可美』同人吟行

自筆の短歌



お問い合わせ先

環境生活部

閉じる