このページの本文へ移動

ここから本文

トピックパス
トップページ > 組織から探す > 文化振興課 > 山口の文学者たち・ふるさとの文学者80人 > 山口の文学者たち・大中祥生

平成26年 (2014年) 8月 8日

文化振興課

「やまぐちの文学者たち」80人/大中祥生

大中祥生 (おおなかしょうせい) (1923~1985) 俳句 周南市


【主な著作】

句集『群猿』(鳳鳴出版社、昭和47年)

句集『花候』(昭和出版、昭和32年)

句集『根白草』(昭和出版、昭和58年)


大中祥生肖像


大中祥生肖像

 青年時代から病気がちの祥生のいのちを支えたのは「俳句」であった。俳誌『草炎』を創刊。昭和30年代は前衛俳句作家が台頭し、大中青塔子(祥生)もその一人であった。第二句集『領海』では、心の疼き、肉体の痛みを真正面から訴え続けた。現代人として問題意識に挑戦することに、俳句作家としての使命を自覚していたからであろう。一方、評論にも活躍し、「やわらかく、旨味があって読みやすい」(金子兜太)と高く評価された。晩年は俳句の作風にも伝統回帰への詩的精神風土の現出を見る。地方組織の設立、運営にも多大な手腕を発揮した俳人であった。(久行保徳)

大中祥生関連写真

句碑(周南市湯野)「佳境の椅子揺する鬼二つ秋まつり 祥生」

直筆色紙

句碑(周南市湯野))                            直筆色紙

「佳境の椅子揺する鬼二つ秋まつり 祥生」



お問い合わせ先

環境生活部

閉じる