このページの本文へ移動

ここから本文

トピックパス
トップページ > 組織から探す > 文化振興課 > 山口の文学者たち・ふるさとの文学者80人 > 山口の文学者たち・大田哀歌鳥

平成26年 (2014年) 8月 8日

文化振興課

「やまぐちの文学者たち」80人/大田哀歌鳥

大田哀歌鳥 (おおたあいかちょう) (1890~1977) 短歌 防府市


【主な著作】

歌集『聾者の歌える』(大正11年)

歌集『自画像』(自画像刊行会、昭和45年)


大田哀歌鳥肖像


大田哀歌鳥肖像

 大田哀歌鳥は、歌人。佐波郡佐波村(現・防府市)生まれ。本名・義一。大正11年、下関清末・毛利碧堂主宰の「白梅詩社」に参加。県下初の歌誌『白梅』の編集・発行を担当し、歌作や評論に活躍した。昭和25年7月、歌誌『自画像』を主宰・創刊するも、翌年2月廃刊。昭和28年から岩松文彌主宰の歌誌『あらつち』に参加。中心的存在となり、昭和43年夏以降編集を担当、48年9月から主宰。県歌壇の重鎮として多くの後進を育てた。苦難続きの人生を叙情的に歌い上げた秀作が多い。歌集『聾者の歌へる』『自画像』がある。(森川信夫)

大田哀歌鳥関連写真

歌碑(防府市酒垂公園)「あふぎ見ればそらの青さにうまれたる天草とも見ゆしろき木蓮 哀歌鳥」

筆跡(歌集『自画像』より)

歌碑(防府市酒垂公園)「あふぎ見ればそらの青さにうまれたる天草とも見ゆしろき木蓮 哀歌鳥」

 

筆跡(歌集『自画像』より)



お問い合わせ先

環境生活部

閉じる