このページの本文へ移動

ここから本文

トピックパス
トップページ > 組織から探す > 文化振興課 > 山口の文学者たち・新村出

平成26年 (2014年) 8月 8日

文化振興課

「やまぐちの文学者たち」80人/新村出

新村出 (しんむらいずる) (1876~1967)  言語学・短歌  山口市


【主な編著作】

『広辞苑』(岩波書店、昭和30年)

『白芙蓉』遺歌集(初音書房、昭和43年)

『新村出全集』全十五巻(筑摩書房、昭和46~48年)


新村出

新村出(提供:重山文庫)

 『広辞苑』の編者として著名な新村出は、現在の山口市道場門前に生まれた。東京帝国大学卒業後、京都帝国大学で言語学講座を担任。言語学の発展に寄与した功績により文化勲章を授与された。

言語学研究の傍ら、短歌にも造詣が深く、歌集『重山集』や『牡丹の園』、『白芙蓉』などがある。最晩年の十年間の歌だけでも数万首にのぼると言われ、古今を師とし、独歩、独楽の歌の道を歩んだ。常日頃愛でた草花や星などの自然界、妻や子、孫を主な歌の題材とした。また、随筆にも非凡なものがあり、星座に関する随筆や語源に関する随筆など三十点が『現代日本文學全集』(改造社)に収録されている。(安光裕子)

新村出関連写真

自筆原稿(婦人之友社蔵)

京都の邸宅

自筆原稿(婦人之友社蔵)

木戸孝允より譲り受けた京都の邸宅(現在、重山文庫)



 リンク


山口県立図書館(ふるさとの文学者13人の紹介ページ)



お問い合わせ先

環境生活部

閉じる