このページの本文へ移動

ここから本文

トピックパス
トップページ > 組織から探す > 文化振興課 > 山口の文学者たち・ふるさとの文学者80人 > 山口の文学者たち・高橋瓢々子

平成26年 (2014年) 8月 8日

文化振興課

「やまぐちの文学者たち」80人/高橋瓢々子

高橋飄々子 (たかはしひょうひょうし) (1915~1963) >俳句 防府市


【主な著作】

句集『嵐』(高橋飄々子遺句抄刊行会、昭和39年)


高橋飄々子肖像


高橋飄々子肖像

 高橋飄々子は、俳人。佐波郡防府町(現・防府市)生まれ。本名・孝太郎。昭和23年10月、俳誌『嵐』を主宰・創刊。入退院を繰り返す闘病生活の中で、「リアリズムとロマンチシズムの統一の上に立つ象徴俳句の希求」を主張し続けた。昭和31年の山口県俳句作家協会創立に尽力し、第2号・第3号『山口県俳句年鑑』の編集・発行にも携わるなど、県俳壇振興に貢献。昭和38年7月没。享年48。「俳句の鬼」として燃えつきた。県俳壇に新風を送り続けた俳誌『嵐』は、同年9月、同人らが追悼号を出して廃刊になった。遺句集『嵐』がある。(森川信夫)

高橋瓢々子関連写真

句碑(防府市桑山公園)「草の絮きず負いのぼる天の凹み 飄々子」

筆跡(句集『嵐』より)

句碑(防府市桑山公園)「草の絮きず負いのぼる天の凹み 飄々子」

 

筆跡(句集『嵐』より)



お問い合わせ先

環境生活部

閉じる