このページの本文へ移動

ここから本文

トピックパス
トップページ > 組織から探す > 文化振興課 > 山口の文学者たち・ふるさとの文学者80人 > 山口の文学者たち・竹内八郎

平成26年 (2014年) 8月 8日

文化振興課

「やまぐちの文学者たち」80人/竹内八郎

竹内八郎 (たけうちはちろう) (1899~1974) 短歌 萩市


【主な著作】

歌集『樹空』(樹空出版会、昭和43年)

『樹空抄除草庵雑記』(昭和48年)

『あらつち十周年記念歌集』(昭和35年)


竹内八郎肖像


竹内八郎肖像

 竹内八郎は萩市の出身。同志社大学在学中、『覇王樹』の同人となり、橋田東声、臼井大翼の指導を受ける。山口県立萩商工高等学校の教員となり、県内の歌誌『白梅』や『水可美』『文芸風土』などに参加する。岩松文彌の後を継いで、歌誌『あらつち』の主宰を20年。会員とはあたたかい心の交流があった。戦時の応召の苦労も人柄に滲み、その厳しさもうれしい。自然と自己がひとつとなり、ありのままの実質をよく見てのこころの歌を作る。(吉武久美子)

竹内八郎関連写真

歌碑(萩市藍場川畔)「家ごとに池を構えて水を引き朝夕清き藍場川流る 八郎」

『樹空抄除草庵雑記』(提供:阿武キヨ子)

歌碑(萩市藍場川畔)「家ごとに池を構えて水を引き朝夕清き藍場川流る 八郎」

『樹空抄除草庵雑記』(提供:阿武キヨ子)



お問い合わせ先

環境生活部

閉じる