このページの本文へ移動

ここから本文

トピックパス
トップページ > 組織から探す > 文化振興課 > 山口の文学者たち・ふるさとの文学者80人 > 山口の文学者たち・友廣保一

平成26年 (2014年) 8月 8日

文化振興課

「やまぐちの文学者たち」80人/友廣保一

友廣保一 (ともひろやすいち) (1904~1993) 短歌 山口市


【主な著作】

歌集『流るる音』(石川書房、昭和63年)

歌集『〈続〉流るる音』(石川書房、平成2年)


友廣保一肖像


友廣保一肖像

 友廣保一は、昭和5年古書店「第三書房」を開業して、生涯山口市を離れることはなかった。十代の頃に短歌と出会い、中村憲吉、斎藤茂吉、土屋文明に師事し、アララギ人として歌への情熱を燃やし続けた一生であった。若い頃は旅を好み情景を詠んだものも多く、友人、家族にも目を向けて、なにげない日常を歌っている。歌誌『なぎ』を発刊の50歳の頃より、我が事を詠んだもの等、独特で軽妙。後半生の歌には、宗教観にも似た一途な生きざまが感じられ、達観した人生を送った歌人。(富田瑛子)

友廣保一関連写真

歌碑(山口市瑠璃光寺)「在り慣れて散歩のところ池のへの五重塔に心はよりて 保一」

自筆色紙

歌碑(山口市瑠璃光寺)「在り慣れて散歩のところ池のへの五重塔に心はよりて 保一」

自筆色紙



お問い合わせ先

環境生活部

閉じる