このページの本文へ移動

ここから本文

トピックパス
トップページ > 組織から探す > 文化振興課 > やまぐちの文学者たち・ふるさとの文学者80人 > 山口の文学者たち・上野さち子

平成26年 (2014年) 8月 8日

文化振興課

「やまぐちの文学者たち」80人/上野さち子

上野さち子 (うえのさちこ) (1925~2001)  俳句・国文学  山口市


【主な著作】

句集『水の上』(角川書店、平成4年)

評論『女性俳句の世界』(岩波新書、平成元年)

『田上菊舎全集上・下』(和泉書院、平成12年)


上野さち子

上野さち子

 大正十四年山口市に生まれる。山口県立女子専門学校にて国文学を専攻。俳文学者井本農一の俳諧の講義を受ける。母校に助手として残ったさち子は井本の示唆を受け、俳句の本質に迫る研究に邁進する。また、自己意識を強く持ち、生きる意味を自らに問い続けることにより、優れた俳句作品を残した。実作の俳風は、物に即して感動の世界を描き、雪月花にもっとも定型を生かし得ていて典雅。近世近代を含めた新たな視点で『女性俳句の世界』を刊行。この中で取り上げた下関市豊北町田耕出身の田上菊舎については、ライフワークとなり、のちに『田上菊舎全集 上・下』を刊行。(長戸幸江)

上野さち子関連写真

瑠璃光寺にある句碑

直筆色紙

瑠璃光寺にある句碑

直筆色紙



 リンク


山口県立図書館(ふるさとの文学者13人の紹介ページ)



お問い合わせ先

環境生活部

閉じる