このページの本文へ移動

ここから本文

トピックパス
トップページ > 組織から探す > 文化振興課 > 山口の文学者たち・ふるさとの文学者80人 > 山口の文学者たち・亘理寒太

平成26年 (2014年) 8月 8日

文化振興課

「やまぐちの文学者たち」80人/亘理寒太

亘理寒太 (わたりかんた) (1895~1963) 俳句 周南市


【主な著作】

句集『群鶴』(亘理寒太句集刊行会、昭和39年)


亘理寒太肖像


亘理寒太肖像

 亘理寒太(本名、正)は、徳山中学時代から短歌誌や文芸誌に投稿、入選。三高在学中に作家を志し、中戸川吉二らの第五次『新思潮』の同人として小説や詩を書く。尾道中学教師時代に自由律俳句『層雲』に投句、山頭火を迎える。その後一時句作を停止後、松野自得の『さいかち』に定型俳人として再出発。戦後八代(周南市)に帰郷後は、村に文化の灯をと、群鶴句会を主宰し、八代の鶴の句を通じて全国に発信し、多くの俳人を迎えた。「ツルの俳人」として誰からも愛された寒太は、俳句を人温と風光の文学ととらえ生涯を楽しく生きた。(田村悌夫)

亘理寒太関連写真

生家 梅鶴庵(周南市八代)(提供:岡崎佐和子)

句碑(周南市八代)<br>「薮道を出て田の鶴と顔合はす 寒太」

生家 梅鶴庵(周南市八代)(提供:岡崎佐和子)

句碑(周南市八代)「薮道を出て田の鶴と顔合はす 寒太」



お問い合わせ先

環境生活部

閉じる