このページの本文へ移動

ここから本文

トピックパス
トップページ > 組織から探す > 文化振興課 > 山口の文学者たち・ふるさとの文学者80人 > 山口の文学者たち・山崎青鐘

平成26年 (2014年) 8月 8日

文化振興課

「やまぐちの文学者たち」80人/山崎青鐘

山崎青鐘 (やまざきせいしょう) (1908~1974) 俳句 宇部市


【主な著作】

句集『風見鶏』(昭和36年)

『現代俳句の周辺』(其桃発行所、昭和38年)

句集『無辺』(俳句評論社、昭和43年)


山崎青鐘肖像


山崎青鐘肖像

 昭和6年に大阪歯科医専を卒業。3年後に炭鉱景気に湧く桜町という花柳街にて開業。学生時代より虚子の『ホトトギス』で統覚を現すも、反骨精神で脱会。自分達の俳誌を出す。当時は出版物の検閲が厳しく、前衛俳句の伝統や権威を無視した感性を危険思想と見なされ、同人数人と刑務所に拘禁されていた。戦後解放されて、俳誌『青鞜』33号まで出し、『風見鶏』『らんどる』等、多くの弟子に囲まれていたが、歯科医院の方は余り本気でなかった。元憲兵・警察署長等も、氏の新鮮な感性や論理に教示を仰いだ。絵画・音楽にも造詣が深かった。(奥野保正)

山崎青鐘関連写真

著作

直筆色紙

著作

直筆色紙



お問い合わせ先

環境生活部

閉じる