このページの本文へ移動

ここから本文

トピックパス
トップページ > 組織から探す > 文化振興課 > 山口の文学者たち・ふるさとの文学者80人 > 山口の文学者たち・柳 星甫

平成26年 (2014年) 8月 8日

文化振興課

「やまぐちの文学者たち」80人/柳 星甫

柳 星甫 (やなぎせいほ) (1886~1960) 俳句・随筆 防府市


【主な著作】

『星甫随筆』(星甫随筆刊行会、昭和33年)

『森鴎外の父 森静男のこと』(防長医界社、昭和22年)

『重源上人七百五十年祭献詠集』編集(俊乗坊重源顕彰会、昭和28年)


柳星甫肖像


柳星甫肖像

 柳星甫は、俳人・随筆家。佐波郡西浦(現・防府市西浦)生まれ。本名・義雄。大正2年、防府の車塚に耳鼻咽喉科医院を開業。大正5年5月、俳句結社・芳風吟社創設、俳誌『はまにかな』を発行する(7年6月終刊)。大正13年3月から昭和19年5月までは俳誌『めばえ』を主宰。ホトトギス派の俳人を数多く育てた。昭和22年1月、県医学界の総合機関紙『防長医界』を創刊。昭和32年8月の第127号まで、10年間編集発行人を務めた。県俳壇の重鎮として、俳句振興活動に尽力。郷土史家でもあった。著書に『星甫随筆』他がある。(森川信夫)

柳星甫関連写真

『星甫随筆』(左)と俳誌『めばえ』(右)

句碑(防府市防府天満宮横)「己が服むおのが処方や暑氣中 星甫」

『星甫随筆』(左)と俳誌『めばえ』(右)

句碑(防府市防府天満宮横)「己が服むおのが処方や暑氣中 星甫」



お問い合わせ先

環境生活部

閉じる