このページの本文へ移動

ここから本文

トピックパス
トップページ > 組織から探す > 文化振興課 > 山口の文学者たち・ふるさとの文学者80人 > 山口の文学者たち・鑓田研一

平成26年 (2014年) 8月 8日

文化振興課

「やまぐちの文学者たち」80人/鑓田研一

鑓田研一 (やりたけんいち) (1892~1969) 小説 岩国市


【主な著作】

『山室軍平』(実業之日本社、昭和11年)

『徳富蘆花』(第一書房、昭和12年)

『満州建国記』(新潮社、昭和17年)


鑓田研一肖像


鑓田研一肖像

 本名、徳座研一。岩国市今津に農家の五男として生まれる。学生時代から文学に関心を持ち、宇野千代らと同人誌に作品を発表。大阪、神戸の神学校に学び、牧師として京都、福井に赴任。上京後は、「農民」に拠り無政府主義、重農主義論を展開した。加賀豊彦の紹介により、翻訳の仕事を始めたが、その後伝記小説のジャンルを開拓、『加賀豊彦』『徳富蘆花』などを著した。その他キリスト教関連の論文、小説『満州建国記』、農民文学、実用書など、多数の著作がある。(中澤辰江)

鑓田研一関連写真

著作(県立山口図書館蔵)

若い時のご夫妻(大正13年)(提供:徳座晃子)

著作(県立山口図書館蔵)

若い時のご夫妻(大正13年)(提供:徳座晃子)



お問い合わせ先

環境生活部

閉じる