このページの本文へ移動

ここから本文

トピックパス
トップページ > 組織から探す > 文化振興課 > 山口の文学者たち・ふるさとの文学者80人 > 山口の文学者たち・横山白虹

平成26年 (2014年) 8月 8日

文化振興課

「やまぐちの文学者たち」80人/横山白虹

横山白虹 (よこやまはっこう) (1899~1983) 俳句  長門市・下関市


【主な著作】

句集『海堡』(沙羅書店、昭和13年)

句集『旅程』(現代俳句協会、昭和55年)

横山白虹全句集』(沖積舎、昭和60年)


横山白虹肖像

横山白虹

 横山白虹は、明治三十二年、評論家・横山健堂の長子として東京で生まれた。九州大学医学部に進み外科医として北九州に横山病院開設。終戦後、小倉市議会議員となり、市議会議長などを務めた。また、齢七十を過ぎて全国的な俳人の集団「現代俳句協会」会長の任を担い、十一年間務めた。昭和初期「新興俳句九州の旗手」として活躍。昭和十二年、〈芸術は個性に立脚する〉〈新情緒主義〉を唱え、俳句誌『自鳴鐘(とけい)』を創刊主宰。戦時休刊、昭和二十三年復刊『自鳴鐘(じめいしょう)』と称した。文壇、俳壇、演劇、政界と知友も多彩で、単なる「俳壇」「地方文化」に閉じこもることのない広やかな世界を目指し、指導した。(寺井谷子)

横山白虹関連写真

句碑(青海島)

和手拭い

青海島(長門市)の句碑

和手拭いに染め抜かれた代表句「雪霏々と舷梯のぼる眸ぬれたり」



 リンク


山口県立図書館(ふるさとの文学者13人の紹介ページ)



お問い合わせ先

環境生活部

閉じる