このページの本文へ移動

ここから本文

トピックパス
トップページ > 組織から探す > 文化振興課 > 山口の文学者たち・ふるさとの文学者80人 > 山口の文学者たち・吉田常夏

平成26年 (2014年) 8月 8日

文化振興課

「やまぐちの文学者たち」80人/吉田常夏

吉田常夏 (よしだとこなつ) (1889~1938) 詩 下関市


【主な著作】

『朱唇秘抄』(三陽堂書店、大正7年)

『勅撰八大恋歌集』(東雲堂、大正7年)

復刻版『料理小説集』(吉田静代刊、三陽堂、平成7年)


吉田常夏肖像


吉田常夏肖像

 吉田常夏(本名、義憲)は、東京麹町、武者小路邸で生まれる。父が山口市湯田温泉の吉田家の養子に入り吉田姓となる。河井酔茗門下の新進詩人、文庫派のひとりとして将来を嘱目されたが挫折、大正はじめごろより方向転換してジャーナリストになる。大正12年、関東大震災に遭い、帰郷。関門日日新聞の社会部長・文芸部長となる。昭和2年、文学青年、脇坂・野村らと『燭台』を創刊。九州一円や山口県内から多くの文学愛好家が集まった。また、自身の昔の顔で中央からも有名な作家・詩人の作品が寄せられた。(和田 健)

吉田常夏関連写真

『燭台』創刊号

『燭台』(後期)

『燭台』創刊号

『燭台』(後期)



お問い合わせ先

環境生活部

閉じる