このページの本文へ移動

ここから本文

トピックパス
トップページ > 組織から探す > 県史編さん室 > 刊行物・山口県史研究 第2号

平成26年 (2014年) 8月 27日

県史編さん室

山口県史研究 第2号

1 内容

◆論文

いわゆる長門城について………………………………………………………倉住靖彦

鎌倉末期・建武新政期の長門国分寺…………………………………………森 茂暁

毛利氏被官大工藤井氏について………………………………………………山﨑恭子

真宗流共同体規制と「集合・略式墓制」………………………………………児玉 識

-長州藩史料からの検討-

市制町村制における等級選挙制度……………………………………………大道和夫

◆研究ノート

周防と長門の弥生時代…………………………………………………………河村吉行

興隆寺の天台密教と氏神=妙見の変質………………………………………平瀬直樹

山口県百姓一揆総合年表…………………………………………三宅紹宣・佐藤省吾

-近世前・中期を中心として-

◆提言

『県史』へのある想い……………………………………………………………戸沢充則

-考古学と地域研究-

県史編さんと文書館……………………………………………………………熊田重邦

-資料調査を中心に-

◆修史研究

山口県歴史編纂事業史(其の二)…………………………………………… 広田暢久

◆資料紹介

防長の木地屋の足跡………………………………………………………… 金谷匡人

◆編さん室報告


2 発行

1994年3月

山口県県史編さん室



山口県史刊行物の紹介のページに戻る



お問い合わせ先

環境生活部

閉じる