このページの本文へ移動

ここから本文

トピックパス
トップページ > 組織から探す > 議会事務局 > 委員会情報・土木建築委員会_平成27年度県外視察

平成27年 (2015年) 11月 26日

議会事務局

委員会情報


委員会の活動


土木建築委員会


■県外調査視察


1 視察日程 平成27年10月21日~23日


2 視察先 

 

指宿港海岸直轄海岸保全施設整備事業(鹿児島県指宿市)、鹿児島県の道路施設長寿命化対策(鹿児島県鹿児島市)、鹿児島東西道路新武岡トンネル(鹿児島県鹿児島市)、志布志港国際バルク戦略港湾(鹿児島県志布志市)、宮崎県企業局の電気事業及び日南ダム小水力発電(宮崎県日南市)



3 参加委員 委員長 藤生通陽、副委員長 平岡望

      委員 西本健治郎、河村敏夫、吉井利行、秋野哲範、山手康弘


4 主な視察先の調査目的及び視察の概要



【指宿港海岸直轄海岸保全施設整備事業】

 海浜浸食や越波・浸水対策として、大規模な護岸・離岸堤・突堤整備が行われる直轄海岸保全施設整備事業の取り組みについて調査するため、指宿港海岸を訪問し、浸食された砂浜の再生及び浸食対策を行うことにより、高波等に対する防護機能の改善を図り、背後の住宅や観光・宿泊施設等への越波・浸水被害を軽減することなどの説明を受け、意見交換を行いました。

指宿港海岸を視察



【志布志港国際バルク戦略港湾】

 国際バルク戦略港湾に指定された港の取り組みについて調査するため、志布志港を訪問し、南九州地域における重要港湾として、世界各国の穀物船の就航や配合飼料製造関連企業の集積など、飼料供給基地として日本有数の畜産地域を支えていることなどについて説明を受け、意見交換を行いました。

国際バルク戦略港湾に選定された志布志港を視察



【宮崎県企業局の電気事業及び日南ダム小水力発電】

 全国上位の発電能力を有する宮崎県の電気事業及び小水力発電の取り組みについて調査するため、日南ダムを訪問し、電気事業の概要及び河川維持放流水や治水ダムなどこれまで利用されていなかったエネルギーの有効活用による小水力発電の導入について説明を受け、意見交換を行いました。

日南ダム小水力発電建設現場を視察

お問い合わせ先

議会事務局



お問い合わせ先

議会事務局

閉じる