このページの本文へ移動

ここから本文

トピックパス
トップページ > 組織から探す > 議会事務局 > 委員会情報・地方創生加速化特別委員会

平成29年 (2017年) 11月 21日

議会事務局

●委員会の活動

地方創生加速化特別委員会



■第1回県内視察調査(平成29年10月26日)

 地方創生の取り組みについて調査するため、第1回目の県内調査視察を実施しました。


1 視察先   済生会山口地域ケアセンター、国立大学法人山口大学


2 参加委員  委員長 吉田充宏、副委員長 髙瀨利也

        委 員 俵田祐児、槙本利光、河野 亨、笠本俊也、星出拓也、田中文夫、

            小泉利治、石丸典子、秋野哲範、木佐木大助、中嶋光雄


3 視察先の調査目的及び視察の概要


【済生会山口地域ケアセンター】

持続可能で元気な地域社会の形成や女性の活躍促進、高齢者が活躍できる地域づくりなどについて調査するため、済生会山口地域ケアセンターを訪問し、地域に根ざした「保健・医療・福祉」の連携を強化した地域包括システム構築について説明を受け、施設視察や意見交換を行いました。



【国立大学法人山口大学】

人材の定着・環流・移住の促進について調査するため、公立大学法人山口大学を訪問し、国の「地(知)の拠点大学による地方創生推進事業(COC+)」に採択された「やまぐち未来創造人材育成・定着促進事業」について説明を受け、実際に同事業に参加している大学生とも意見交換を行いました。



第1回視察(済生会)

済生会の視察


第1回視察(山大)

山口大学での意見交換




■第1回委員会・審査方針の決定及び執行部説明(平成29年9月11日)

 第1回目の委員会を開催しました。

 委員会では、最初に、審査方法や審査項目、日程などの審査方針を決定しました。

 審査方針は、以下のとおりです。


地方創生加速化特別委員会 審査方針 (PDF : 201KB)



 審査方針決定後、執行部より「地方創生の動向」、「総合戦略の改訂について」及び「地方創生推進特別委員会の政策提言への対応状況」について概要説明が行われました。



審議の状況

審議の状況






■設置(平成29年7月7日)

 「地方創生加速化特別委員会」を設置しました。

 設置目的、審査内容及び委員名簿は以下のとおりです。


○設置目的

 我が国は本格的な人口減少社会に突入しており、特に本県においては、人口減少が地域の活力を奪い、これがさらに人口減少に拍車をかけるという悪循環に陥っている。

 このため、本県議会においては、「山口県まち・ひと・しごと創生総合戦略」に基づく本県の地方創生の取組が、より実効性のあるものとして推進されるよう、平成27年10月に「地方創生推進特別委員会」を設置し、県内の実情や課題等について1年半にわたって調査研究を進め、重点的な対応が必要と考えられる事項等について、知事に政策提言を行った。

 しかし、本県の地方創生の取組は道半ばであり、県では、人口減少の克服に向けて、総合戦略に基づく地方創生の取組をさらに加速・深化させることとしている。

 このため、本県議会としても、こうした県の取組が着実に進展するように、前回の特別委員会の活動を引き継ぎながら、地域の課題や推進方策について現場を中心としてさらなる調査研究を進め、政策提言やフォローアップを行う。



○審査内容

  1. 産業振興による雇用の創出
  2. 人材の定着・還流・移住の推進
  3. 結婚・出産・子育て環境の整備
  4. 女性の活躍促進、高齢者が活躍できる地域づくり
  5. 持続可能で元気な地域社会の形成
  6. 県と市町の連携のあり方

○委員名簿

地方創生加速化特別委員会名簿 (PDF : 43KB)


 



お問い合わせ先

議会事務局

閉じる