このページの本文へ移動

ここから本文

トピックパス
トップページ > 組織から探す > 議会事務局 > 審査の概要(各リンク先のページ)・平成22年7月臨時会 土木建築

平成30年 (2018年) 4月 26日

議会事務局


土木建築委員会委員長報告書

平成22年7月臨時会

 土木建築委員会を代表いたしまして、本委員会における議案の審査の経過並びに結果について御報告申し上げます。

 審査に当たりましては、関係議案について、執行部に説明を求め、質疑、検討の結果、議案第1号のうち本委員会所管分については、全員異議なく、可決すべきものと決定いたしました。

 次に、審査の過程における発言のうち、その主なものについて申し上げます。

 まず、今回のような河川の氾濫及び浸水被害を防ぐため、今後の治水対策にどのように取り組まれるのか。

 との質問に対し、

 今後は、局地的・集中的な豪雨がいつ、どこでも発生しうるということを前提とした対策が必要であると考えており、防災や気象の専門家などで構成する検討委員会を設置し、近年の豪雨の特徴を整理するとともに、河川の整備やダム操作を含む管理上の課題などについて、主要な河川ごとに検討を進めていきたい。

 との答弁がありました。

 次に、県内各地で多数の被害を受けた道路について、現時点での通行止め状況と、その解消に向けた取り組みはいかがか。

 との質問に対し、

 国道489号の崩落など、現在も県管理道路では14箇所で通行止めが続いている状況にある。これまで、幹線道路、バス路線、唯一の生活道路など、住民生活に特に大きな影響を与えている箇所から応急対策を行い、早期の通行確保に取り組んでおり、残る箇所についても、引き続き、可能な限り速やかに通行を確保できるよう努めたい。

 との答弁がありました。

 このほか、

○本格的な復旧に向けた対応について

○災害の予防について

○厚狭新橋の復旧について

 などの発言や要望がありました。

 以上をもちまして、本委員会の報告といたします。



お問い合わせ先

議会

閉じる