このページの本文へ移動

ここから本文

トピックパス
トップページ > 組織から探す > 議会事務局 > 審査の概要(各リンク先のページ)・平成22年9月定例会 環境福祉

平成30年 (2018年) 4月 24日

議会事務局


環境福祉委員会委員長報告書

平成22年9月定例会

環境福祉委員会を代表いたしまして、本委員会における議案の審査の経過並びに結果について御報告申し上げます。

 審査に当たりましては、関係議案及び所管事項全般にわたり、執行部に説明を求め、質疑、検討の結果、議案第5号については、賛成多数により、議案第1号のうち本委員会所管分については、全員異議なく、いずれも可決すべきものと決定いたしました。

 次に、審査の過程における発言のうち、その主なものについて申し上げます。

 まず、環境生活部関係では、

 美術館への指定管理者制度の導入について、

 美術館では、良いものを多くの県民に見ていただくことが大切であるが、指定管理者制度の導入効果として、管理経費の削減の他に何が期待できるのか。

 また、学芸業務を直営で残す理由は何か。

 との質問に対し、

 導入の効果については、管理業務の効率化を図るとともに、民間のノウハウやネットワークを活用した企画運営力と集客力の強化、利用者サービスの向上を図るものである。

 また、学芸業務は、美術館の使命のひとつである美術品の収集・保存や調査研究を行う業務であり、美術館運営の特色や継続性を確保する必要があることから、引き続き県の直営とするものである。

 との答弁があり、

 これに関連して、

○公募の時期や方法について

○指定管理者制度の導入と地域文化の振興について

 などの発言や要望がありました。

 次に、ツキノワグマ対策について、

 捕獲したツキノワグマは、一度目は山に放し、二度目は殺処分するとのことであるが、どのような考え方で行っているのか。

 との質問に対し、

 一度目は、人里に出てこないよう学習させて奥山に放すことを原則としているが、特定の地区での出没や捕獲が相次ぐ場合などにおいては、地域住民の不安の解消に十分配慮し、人身被害防止を最優先として、適切に対応していく。

 との答弁があり、

 これに関連して、

○県域を越える広域的な施策の実施について

 などの発言や要望がありました。

 このほか、

○山口県を舞台として製作された映画への支援について

○交通死亡事故抑止対策について

○県有施設における緑のカーテンの取り組みについて

○県民活動団体が直面する課題と支援策について

○DVの相談体制や民間シェルターへの支援状況について

○食品ロス削減対策の進捗状況について

○岩国基地沖合移設事業に係る藻場の回復状況と今後の対応について

○アルゼンチンアリの防除の実施状況について

○住宅用太陽光発電の設置状況とCO2削減効果について

 などの発言や要望がありました。

 次に健康福祉部関係では、

 児童虐待防止対策について、

 小児科医師、歯科医師等には、検診の際、虐待の有無について注意していただくことが必要である。医師にも虐待かどうかの判断に迷い、児童相談所に通告しづらい場合もあるとの話も聞くが、医療機関等との連携はどうなっているのか。

 との質問に対し、

 医療機関と児童相談所の連携が円滑に進むよう、児童相談所毎に医療連携システムを構築しており、現在は、歯科医師にも参加いただき、早期発見に取り組んでいる。今後とも、児童相談所の体制の充実や、市町・医療機関等との連携を強化し、虐待の早期発見に努めてまいりたい。

 との答弁があり、

 これに関連して、

○育児放棄等と判断する基準について

○児童福祉司一人当たりの受け持ち件数について

○市町の相談窓口の体制について

○夜間休日における相談窓口の体制について

 などの発言や要望がありました。

 次に、県立病院の地方独立行政法人化について、

 来年4月1日からの実施を前に、県民に対する周知はどうしているのか。

 との質問に対し、

 院内のインフォメーションに掲示するとともに、今年8月には医療機関等を対象とした広報誌を作成・配布したところである。現在、独立行政法人化に向けて中期目標や中期計画の検討を行っており、今後、検討状況に応じて、広く県民に周知を図っていきたい。

 との答弁があり、

 これに関連して、

○県立病院医師の勤務状況について

 などの発言や要望がありました。

 このほか、

○子宮頸がん予防ワクチン接種への助成について

○多剤耐性菌感染への対応について

○救急医療体制の整備について

○小児救急医療電話相談事業について

○自殺問題に対する取り組みについて

○民生・児童委員への活動支援等について

○老人福祉施設等の今後の整備計画について

○特別養護老人ホームライフケア高砂の移転整備について

○療養病床再編成に係る対応について

○国民健康保険の広域化に対する対応等について

 などの発言や要望がありました。

 以上をもちまして本委員会の報告といたします。



お問い合わせ先

議会

閉じる