このページの本文へ移動

ここから本文

トピックパス
トップページ > 組織から探す > 議会事務局 > 審査の概要(各リンク先のページ)・平成23年8月定例会 環境福祉

平成30年 (2018年) 4月 24日

議会事務局


環境福祉委員会委員長報告書

平成23年8月定例会

 環境福祉委員会を代表いたしまして、本委員会における議案の審査の経過並びに結果について御報告を申し上げます。

 審査に当たりましては、関係議案及び所管事項全般にわたり、執行部に説明を求め、質疑、検討の結果、議案第1号のうち本委員会所管分については、全員異議なく、可決すべきものと決定いたしました。


 次に、審査の過程における発言のうち、その主なものについて申し上げます。


 まず、環境生活部関係では、

 海岸漂着物対策について、

 外国からの海岸漂着ごみが多いとのことであるが、被害を受けている関係自治体と連携し、国に対し、しっかりと外交交渉を行うよう働きかけを行うべきと考えるがどうか。

 との質問に対し、

 この問題については、これまでも、全国知事会や日本海沿岸の12府県からなる日本海沿岸地帯振興連盟などを通じて国に要請してきた。

 また、このたび策定する山口県海岸漂着物対策推進地域計画の活動の中心となる山口県海岸漂着物対策推進協議会には、国も参画しており、今後は、この協議会を通じた要請も行っていきたい。

 との答弁がありました。


 次に、男女共同参画の推進について、

 山口県男女共同参画推進条例に基づく年次報告によると、DV相談窓口としての「県男女共同参画相談センター」の周知度は、26.8%と低いが、どう考えるか。

 また、県民からの相談に十分対応するためには、市町の相談窓口の充実も必要であると考えるが、どうか。

 との質問に対し、

 センターの周知度を上げることは課題の一つと考えており、今後、さらなる向上に努めていきたい。

 また、市町の相談窓口の充実については、今年度新たに、地域との連携に関するモデル的取組を実施しており、その成果を県全域で活用し相談体制の構築を図っていく。

 との答弁があり、

 これに関連して、

○ やまぐち男女共同参画推進事業者認証制度の推進について

○ 山口県男女共同参画推進条例について

 などの発言や要望がありました。


 このほか、

○ 東日本大震災以降のCO2排出量について

○ 有害鳥獣の狩猟期間延長について

○ 地域グリーンニューディール基金について

○ 災害廃棄物の受け入れについて

○ 放射性物質による汚染に係る食の安心・安全について

○ 太陽光発電システムの補助制度について

○ 産業廃棄物処理施設の設置手続きについて

○ 水素エネルギーの利用状況について

○ 環境美化活動への支援について

○ 文化施設の利用状況について

 などの発言や要望がありました。


 次に、健康福祉部関係では、

 子育て支援について、

 病児・病後児保育は、子育て支援の根幹部分であると考えるが、実施施設数は近年増加しておらず、地域的な偏在や実施されていない市町もある。

 やまぐち子どもきららプラン21での整備目標及び目標達成に向けた課題と具体的な取り組みはどうなっているのか。

 との質問に対し、

 病児・病後児保育は、現在、県内21の医療機関などで実施されているが、利用者数の変動が大きく、安定的な経営が困難といった課題もあり、その数は、増加していない。

 プランでは、平成26年度までに県内30か所の整備を目標としており、今後は、この達成に向け、市町間の広域調整を行うほか、市町と一体となって、医療機関などに整備促進を働きかけていく。

 との答弁があり、

 これに関連して、

○ 施設の整備されていない市町の状況把握について

 などの発言や要望がありました。


 次に、児童養護に係る受入体制の整備について、

 県東部では、周南市と周防大島町以外の市町に児童養護施設が設置されていない。保護が必要な児童は、施設に入るか里親制度により里親に育ててもらうこととなるが、受入体制の整備は十分にされているのか。

 との質問に対し、

 現在、県内には10か所の児童養護施設があるが、東部2施設も含め、入所定員に対して余裕のある状況にある。

 また、里親登録された全世帯が里子を受け入れている状況にはなく、受入体制に関しては、十分整っている状況にある。

 との答弁があり、

 これに関連して、

○ 里親への指導・助言について

○ 里親にカウンセリングができる人材の確保について

 などの発言や要望がありました。


 このほか、

○ 県内市町における被災者支援システムの導入について

○ 認知症高齢者の精神科病院への入院について

○ 精神障害者の親の会への支援について

○ 精神障害者の地域への受入支援について

○ ひきこもりの人やその家族への支援について

○ 保育などを受けていない児童の虐待防止について

○ たばこ対策について

○ 子宮がん・乳がん検診の受診率について

○ 山口国体におけるAEDの設置状況について

○ 自殺の報道のあり方について

 などの発言や要望がありました。

 以上をもちまして、本委員会の報告といたします。



お問い合わせ先

議会

閉じる