このページの本文へ移動

ここから本文

トピックパス
トップページ > 組織から探す > 議会事務局 > 審査の概要(各リンク先のページ)・平成25年8月臨時会 土木建築

平成30年 (2018年) 4月 24日

議会事務局


土木建築委員会委員長報告書

平成25年8月臨時会



 土木建築委員会を代表いたしまして、本委員会における議案の審査の経過並びに結果について御報告を申し上げます。

 審査に当たりましては、関係議案について、執行部に説明を求め、質疑、検討の結果、議案第1号のうち本委員会所管分については、全員異議なく、可決すべきものと決定いたしました。


 次に、審査の過程における発言のうち、その主なものについて申し上げます。


 まず、今回の記録的な大雨による災害を踏まえ、今後、治水対策にどのように取り組まれるのか。

 との質疑に対し、

 県では、平成21年、22年の豪雨災害を契機に、局地的な集中豪雨に対応した治水対策を検討するため、委員会を設置し、錦川水系など主要10水系について、河川整備のあり方等の検討を行っており、この分析手法を参考にして、このたびの集中豪雨も踏まえた河川整備のあり方について速やかに検討したいと考えている。

 具体的には、このたびの集中豪雨を主要水系ごとに再現することにより、このたびの集中豪雨も前提とすべき気象条件の一つとして整理した上で、壊滅的な被害を回避するなど被害の最小化を目指し、ハード整備とソフト対策を両輪とした総合的な治水対策を効率的、効果的に進めていく。

 との答弁がありました。


 次に、今回、特に甚大な被害が発生した、阿武川水系、田万川水系、須佐川水系の3水系について、今後の洪水災害の防止に向け、どのように取り組まれるのか

 との質疑に対し、

 阿武川水系、田万川水系、須佐川水系の再度災害防止を図るため、原形復旧に留まらない、抜本的な河川改修を行うこととしており、先週、河川改修事業の新規採択を国に緊急要望したところである。現在、被災流量等について検討を進めているところであり、今後、各水系の被災状況に応じたふさわしい手法について、国と協議を進めていくこととしており、この3水系の早期復旧に全力で取り組む。

 との答弁がありました。


 このほか、

○ 通行止め道路の開通の見通しについて

○ 阿武川ダムの洪水調整について

○ 激甚災害指定による補助率の嵩上げについて

○ 災害におけるアスファルト剥離の状況について

○ 土木建築事務所への職員の応援体制について

○ 砂防の復旧工法について

○ 災害に強い県づくりについて

 などの、発言や要望がありました。

    

 なお、企業局からは、所管施設について、このたびの大雨により特段の被害がなかったことの報告がありました。


 以上をもちまして、本委員会の報告といたします。

お問い合わせ先

議会事務局



お問い合わせ先

議会事務局

閉じる