このページの本文へ移動

ここから本文

トピックパス
トップページ > 組織から探す > 議会事務局 > 審査の概要(各リンク先のページ)・平成27年2月定例会 環境福祉

平成30年 (2018年) 4月 23日

議会事務局


環境福祉委員会委員長報告書

平成27年2月定例会


 環境福祉委員会を代表いたしまして、本委員会における議案の審査の経過並びに結果について御報告を申し上げます。

 審査に当たりましては、関係議案及び所管事項全般にわたり、執行部に説明を求め、質疑、検討の結果、議案第1号、第31号及び第54号のうち本委員会所管分並びに議案第33号及び第34号の議案5件については、賛成多数により、議案第22号のうち本委員会所管分、並びに議案第2号、第13号、第18号、第28号、第35号から第39号まで、第50号、第52号、第55号及び第66号の議案14件については、全員異議なく、いずれも可決すべきものと決定いたしました。


 次に、審査の過程における発言のうち、その主なものについて申し上げます。


 まず、環境生活部関係では、

 社会貢献活動の促進について、

 地域の絆を大切にした活力ある地域づくりのためには、退職を迎える団塊の世代の技術力や知識などを活かしていくことが重要である。

 県では、新たに社会貢献活動を促進する支援ネットを構築するとしているが、どのように取り組まれるのか。

 との質問に対し、

 新たに整備する社会貢献活動支援ネットは、ボランティア等を募集する者と活動したい者をマッチングするものであり、県民活動支援センターにコーディネーターを配置して両者の調整を行い円滑な運用を図るとともに、市民活動支援センターとも連携しながら、社会貢献活動に意欲のある者を積極的に掘り起こしていくこととしている。

 との答弁がありました。


 次に次世代自動車の普及について、

 電気自動車いわゆるEVの充電器設置数などの目標を掲げて取り組んでいるが、その進捗状況はどうか。また、次世代自動車の普及促進に向け、今後どのように取り組まれるのか。

 との質問に対し、

 充電インフラ整備計画では、急速充電器と普通充電器を合わせて340基整備する目標を掲げており、本年2月末の実績は249基となっている。また、新年度は県内のEV充電施設をめぐるドライブラリーや次世代自動車体験会を開催し、次世代自動車のインフラ環境や多面的機能のPRを進めるとともに、中山間地域や観光面での利活用事例を紹介するセミナーを開催するなど、普及促進に向けて市町や関係団体、民間事業者と連携して取り組んでまいる。

 との答弁がありました。


 このほか、

○ 女性の活躍促進プロジェクトチームの取り組みについて

○ NPO法人への融資制度について

○ 高齢者の消費者被害の未然防止について

○ 子供の交通安全対策について

○ 防災拠点施設への再生可能エネルギーの導入について

○ 洋上風力発電所の建設に係る環境影響評価について

○ オゾン層の保護対策について

○ 岩国基地内の工事現場における油漏れ事案について

○ 動物愛護管理対策について

○ 海岸漂着物等地域対策推進事業の取り組みについて

○ 野生鳥獣の捕獲の強化について

○ 生物多様性保全対策の推進について

 などの発言や要望がありました。


 次に、健康福祉部関係では、

 介護人材の確保について、

 将来的にますます不足が見込まれる介護人材の確保について、今後どのように取り組まれるのか。

 との質問に対し、

 多様な人材の確保に向け、介護福祉士修学資金の貸付枠を拡充するとともに、新規介護職員が様々な職場の仲間と交流し、思いを共有できる合同入職式の開催や、若年介護職員への表彰制度により、職場への定着促進を図る。また、小中高生等を対象とした出前講座や職場体験などを実施し、介護分野の理解促進とイメージアップを図ってまいる。

 との答弁がありました。


 次に結婚応縁事業について、

 新たな取り組みとして結婚を応援する事業が来年度予算案に計上されているが、具体的にどのようなことに取り組むのか。

 との質問に対し、

 少子化問題への対策の一環として、やまぐち結婚応縁センターを設置し、結婚を希望する独身男女の結婚への結び付きを支援することとしている。具体的には、県内4か所にセンターの窓口を設置することとしており、希望者に会員登録していただいて、結婚相談、マッチング、引き合わせから、交際、成婚に至るまで、きめ細やかな支援を行ってまいる。

 との答弁がありました。

 このほか、

○ 認知症対策について

○ 里親委託推進の取り組みについて

○ 子どもの貧困対策における就労支援について

○ ねんりんピックの開催準備について

○ 障害者への配慮を実践するあいサポート運動について

○ 療育手帳のカード化について

○ 障害者の就労支援について

○ 障害者文化芸術活動推進事業について

○ 男性不妊治療への助成について

○ がん教育の充実について

○ がん相談支援体制の取り組みについて

○ ドクターヘリの広域連携の状況について

 などの発言や要望がありました。


 終わりに、意見書案についてご報告申し上げます。

 本委員会に付託された意見書案第1号については、全員異議なく、「可決すべきもの」と決定をいたしました。

 以上をもちまして、本委員会の報告といたします。

お問い合わせ先

議会事務局



お問い合わせ先

議会事務局

閉じる