このページの本文へ移動

ここから本文

トピックパス
トップページ > 組織から探す > 議会事務局 > 審査の概要(各リンク先のページ)・平成28年9月定例会 環境福祉

平成30年 (2018年) 4月 20日

議会事務局

平成28年9月定例会


環境福祉委員会審査状況


 平成28年10月3日(月曜日)~4日(火曜日)  付託議案等の審査、所管事項の調査



環境福祉委員会委員長報告書



 環境福祉委員会を代表いたしまして、本委員会における議案の審査の経過並びに結果について御報告を申し上げます。

 審査に当たりましては、関係議案及び所管事項全般にわたり、執行部に説明を求め、質疑、検討の結果、議案第4号については、賛成多数により、議案第6号については、全員異議なく、いずれも可決すべきものと決定いたしました。


次に、審査の過程における発言のうち、その主なものについて申し上げます。


 まず、環境生活部関係では、

 野犬対策について、

 周南市では、野犬が増加し公園や学校などに群れで出没しており、人に危害を加えかねない危険な状態になっている。

 これ以上増やさないためにも、まずは積極的な捕獲方法を検討すべきと考えるが、今後どのように取り組むのか。

 との質問に対し、

 落下式の網や囲いワナなどの野生動物用の捕獲器具の使用や、早朝捕獲等の取組を進めており、徐々に成果も上がってきている。

 周南市の野犬対策については、先般、国のモデル事業の採択を受けたところであり、今後、行政、自治会、学識経験者等による検討委員会を設置し、更なる取組強化策を検討してまいりたい。

 との答弁がありました。


 次に「やまぐち社会貢献活動支援ネット」について、

 昨年11月に開設され、まもなく1年が経過するが、登録状況はどうか。また、実際の活動に繋がっているのか。

 との質問に対し、

 これまで、広報活動や企業・団体訪問等に取り組んだ結果、9月末現在、約350件のボランティアの参加希望や募集が登録され、道路清掃やイベント支援へのボランティア参加など、本支援システムにより実現した具体的な社会貢献活動の事例が上がってきているところである。

 との答弁がありました。


 このほか、

○ 県民活動団体の資金借入について

○ 消費生活センターの商品テストについて

○ 山口被害者支援センターとの連携について

○ 同和問題に対する現状認識について

○ 女性活躍推進法に基づく取組について

○ DV被害者の保護対策について

○ 性暴力被害者への支援について

○ 再生可能エネルギーの導入促進について

○ クールビズの設定期間について

○ 愛宕山用地開発に係る環境保全について

○ 犬猫の殺処分ゼロに向けた取組について

○ 「やまぐちのキレイな海岸フォトコンテスト」の実施方法について

○ フードバンクの取組について

○ 外来生物対策について

○ 県レッドリストの改定について

○ ニホンアワサンゴに係る取組について

 などの発言や要望がありました。



 次に、健康福祉部関係では、

 障害者施設の防犯対策について、

 相模原市の障害者施設での殺傷事件は、大変痛ましい事件であり、このようなことが二度と起こらないよう、障害者施設の防犯対策について、今一度、総括的に検証する必要があると考えるが、今後どのように対策強化に取り組むのか。

 との質問に対し、

 事件を受け県内の障害者施設において実施した、「防犯対策チェックリスト」による自己点検の結果に基づき、課題が多い施設には、今後個別に必要な助言等を行う。

 また、国の検討チームにおいて、秋ごろ取りまとめられる再発防止策も踏まえ、必要な支援を行ってまいる。

 との答弁がありました。


 次に新たな食育推進計画について、

 最近の若者の食生活は、栄養のバランスなど考えておらず、健康な体づくりに必要な知識と技術が欠けているのではないかと常々感じている。

 このたび、県では、新たな食育推進計画を策定されるとのことだが、若い世代を中心とした食育の推進に関しては、どのような視点で取り組むのか。

 との質問に対し、

 新たな計画においては、若い世代への食育推進を重点課題の一つとして位置付け、関係者と連携して積極的に取り組みたいと考えている。

 子どもについては、健全な食生活や食習慣を形成する上で重要な時期であることから、幼稚園や学校を通して継続した指導等を行う。

 20歳代や30歳代については、これから親となり、次世代へ食育を繋ぐ大切な存在であることから、地域や関係団体と連携した食育活動を行う予定である。

 との答弁がありました。


 このほか、

○ 歯科衛生士の人材確保について

○ 子どもたちのゲーム依存による健康障害について

○ 薬物依存者に対する支援について

○ 献血の推進について

○ 受動喫煙対策・禁煙対策について

○ 結婚応縁センターの申請書類について

○ 精神障害者の交通機関運賃の減免について

○ 子宮頸がんワクチンの接種について

○ 若年性認知症対策について

○ 発達障害者支援地域協議会の設置について

○ こども食堂の状況について

○ 不妊治療助成申請に係るマイナンバー情報の取扱について

○ 子どもの貧困対策について

○ 保育所や放課後児童クラブの待機児童の状況について

○ B型肝炎ワクチンの公費助成について

○ 介護保険制度改革について

○ 地域医療構想について

○ 乳がん検診の方式について

○ 特別養護老人ホームの待機者数について

○ インクルーシブ防災について

○ 介護施設の実地指導について

○ ひきこもりへの支援について

○ 子どもの医療費助成について

○ 若年性糖尿病の小児特定疾患認定について

 などの発言や要望がありました。


 以上をもちまして、本委員会の報告といたします。

お問い合わせ先

議会事務局



お問い合わせ先

議会事務局

閉じる