このページの本文へ移動

ここから本文

トピックパス
トップページ > 組織から探す > 人事委員会事務局 > 採用試験・女性職員からのメッセージ~主査級~

平成29年 (2017年) 3月 13日

人事委員会事務局

 

 

 

 

 

 

主査級


 

 

 

農 業



 柳井農林事務所 久行 主査



 ■■異動状況■■

 平成10年入庁

 平成10年4月~平成13年3月 萩農林事務所

 平成13年4月~平成18年3月 田布施農林事務所

 平成18年4月~平成22年3月 岩国農林事務所

 平成22年4月~平成25年3月 農林水産政策課

 平成25年4月~平成28年3月 周南農林事務所

 平成28年4月~       柳井農林事務所

(※所属名称は、組織改編等により、現在の名称と異なる場合があります。)


 ・育児休業

 平成16年1月~平成17年1月取得


 

 

 

 

 

 

 

現在の職務内容とこれまでの経歴



 農業普及指導員は、技術指導や経営相談、情報提供等を通して、農業者がよりよい農業経営や農村生活を実現するための多様な活動を支援することを専門業務としています。

 私はこれまで、主に農山漁村の女性や高齢者が、農林漁業に関わりながら地域でよりよく暮らしていくための生活改善活動を支援してきました。

 現在は、豊富な地域資源や知恵、技を活かし、自信と誇りを持って活躍する農山漁村女性の起業活動の発展に向け、技術指導や経営指導を行っています。







職務風景

やまみちゃんPRキャンペーン準備中!


 

 

やりがいのあった仕事



 私の初仕事は、集落営農法人を設立して間もない地域の女性たちが、地域で主体的に活動できるよう、集落点検活動や話し合い等を通して地域ビジョンを作り、活動を始める支援をさせていただくことでした。女性たちの取組が地域や組織と連動し、さらに良い方向へと動き出した時の感動は今でも忘れられません。

 仕事の内容は時代の流れと共に少しずつ変化していますが、この経験が私の原点であり、18年経った現在の仕事も、とてもやりがいある魅力的な仕事です。

職務風景

女性企業グループへの経営指導風景





 

 

 

私のワークライフバランス



 仕事も、家事も子育ても遊びも全力!そしてちょっと疲れたら、思い切って何もしない…その時々で自分なりの優先順位を決めたり、家族と相談して助け合ったり譲り合ったりして、お互いに心地よいバランスを見つけています。

 私は夫と中学1年生の長男の3人家族ですが、今は「その時できることを、できる人が、少し頑張る!」がわが家のルールです。

 縁側でお月見したり、旅行したりして、季節の移り変わりを楽しみながら、家族と過ごす時間を大切にしています。

ワークライフバランス

家族旅行♪

 

 



女性の受験者の皆さんへ



 県職員の仕事は、ひとりひとりの人間力と、チームとしての組織力で、未来をつくっていく素敵な仕事だと思います。

 私は民間企業に勤めた経験もありますが、入庁当時は思っていたより柔軟な職場で驚きました。各職場に女性職員も増えつつあり、周りに相談できる先輩や同僚がたくさんいること、女性が働くことへの理解や協力があり支援体制も整っていることは、とても心強いです。

 あなたも県職員になって、あなたを必要としてくださる誰かのために働いてみませんか?

ハート



トップへ戻る

お問い合わせ先

人事委員会事務局



お問い合わせ先

人事委員会事務局

閉じる